クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

【ビューカードポイント】お得な交換商品&利用方法をご紹介!【viewカード】

【ビューカードポイント】お得な交換商品&利用方法をご紹介します!【viewカードポイント】

【ビューカードのポイント】お得に交換できる商品をご紹介します!

1.【サンクスポイント】を交換するには?
2.貯めたビューサンクスポイントは?
3.ビューカードのポイント還元率
4.サンクスポイントの有効期限に注意
5.ビューカードポイントの有効期限を確認
6.ポイント交換のお得度ランキング
7.まとめ

(Last Update:2017年9月21日)

JR東日本が発行しているクレジットカードである【viewカードポイント

通称ビューカード。

ポイントを貯めるといろいろな商品やポイントと交換できますが、とってもお得に交換できる商品があるのです。

しっかりとポイントの期限を確認してお得に交換していきましょう!




1.【サンクスポイント】を交換するには?

ビューカードの【サンクスポイント】を交換するには?

そもそもビューカードって何?

ビューカードとはJR東日本の系列会社である株式会社ビューカードが審査・発行しているクレジットカードです。

もはや東京・関東エリアでは必須といえる存在の電子マネー「Suica」と一体型のクレジットカードを発行しています。

Suicaの残高が一定金額以下になったら自動で残高チャージしてくれるオートチャージ機能を利用できるほか、クレジットカードの種類によってはIC定期券としても利用することができます。



街中での買い物や公共料金の支払いなどで利用してもポイントは貯まりますが、定期券を購入したりICカードのSuicaにチャージしたりすると多くのポイントを貯めることができます。

コンビニや駅などでSuicaで買い物をする人、JR東日本の電車をよく利用する人はぜひ持っておきたいクレジットカードでしょう。
会社情報|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)
カード一覧|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)





▼【ビューカードやSuicaはオートチャージ!

ビューカードのなかにはSuicaと一体型になっているものもあります。

そのためビューカードがあれば万が一定期券を忘れてしまったとしても、わざわざ切符を購入することなく電車に乗ることができます。



またビューカードを定期券として設定すればクレジットカード、Suica、定期券の3つの役割を1枚のカードで担うことができるのです。

 

「Suicaをよく利用するけど残高不足になってしまう…」

「何度もチャージするのは面倒!」

という人のためにオートチャージ機能が便利です。


 


Suica機能付ビューカードはもちろん、SuicaやモバイルSuicaでも設定をすればオートチャージをすることができます。

オートチャージを設定すると一定の金額を下回ると自動的にビューカードからチャージが行われます。



たとえば1,000円以下になったら3,000円をチャージするというようなイメージです。

チャージをするか判断する金額(例でいえば1,000円)、いくらチャージするか(例でいえば3,000円)は任意で設定できますので、自分の性格やライフスタイルにあわせられることもメリットといえるでしょう。
ビューカードはSuicaを便利に使えるJR東日本グループのクレジットカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)
Suica・オートチャージのご利用・設定|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)





ビューカードには種類がある?

ビューカードはいろいろな種類があります。Suicaと一体型になっているものはもちろん、定期券機能を乗せることができるもの、ビックカメラやJALのポイントを貯めることができるカードもあります。

人気があるのが、ルミネやアトレをはじめとする駅ビル提携のクレジットカードです。

駅ビルの買い物でポイントが多くたまったり、カード会員限定の優待を受けられたりというメリットがあります。


 


中でもルミネカードは、ルミネでの買い物が口座引き去り時に5%オフになり、年数回、期間限定ですが10%オフになります。

10%オフの期間には洋服や靴を購入するだけでなく、セールをなかなか行わない化粧品や書籍、食料品などを購入することをおすすめします。



特に化粧品は高額になりがちですので、10%オフになることでかなりの恩恵が受けられます。

仮に3万円分購入すると、このようにお得に買い物できるということになります。


 


・現金で購入した場合(割引なし):3万円


・ルミネカードを利用した場合(通常時):3万円×0.95=28,500円


・ルミネカードを利用した場合(10%オフの時):3万円×0.9=27,000円

 

あらかじめほしいアイテムが決まっている時には、お店によりますが、商品の取り置きをしてくれますので事前にお願いをしておき、10%オフのキャンペーン期間中にカードで支払いましょう。



またお店によっては、ルミネカードのキャンペーンと同時期に独自の割引やセールを行っていることもあります。

 

セール品の購入でもカードは使えますので、ルミネカードで支払えば、さらにお得に商品を購入できることになるのです。



ちなみに割引率にかかわらず、ルミネでの買い物をした時にもポイントは1,000円あたり2ポイント付与されます。

割安に買い物ができてポイントがつくならば、ぜひとも利用したくなりますね。
ルミネカード|LUMINE
参照先:ルミネ(2018年1月調べ)

カード一覧|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)





2.貯めたビューサンクスポイントは?

貯めたビューサンクスポイントは何と交換できるの?

せっかく頑張って貯めたポイントはさまざまな商品や提携先のポイントなどと交換することができます。



商品は生活を豊かにしてくれるような家電、仕事で活用したくなるようなビジネスグッズ、アウトドア用品などだけでなく、電車がデザインされているコップや傘、パソコンのマウスなどというような鉄道会社ならではの商品もあります。



他にもGALA湯沢スキー場のリフト券、お取り寄せグルメに使えるギフトカード、系列ホテルで使える利用券、グリーン車利用券、東日本地区の名産品を使ったグルメなどとも交換できます。
駅でも街でも!ポイントを使う|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)
ポイント交換商品(ビューサンクスプレゼント)|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)

▼【サンクスポイントはSuicaへ移行することもできる!

ビューカードの利用で貯めたポイントは、Suicaにチャージして利用することもできます。



サンクスポイントは通常のお買い物で1,000円につき2ポイントが付与され、定期券やSuicaへのチャージは1,000円につき6ポイントが付与されます。



1ポイント2.5円相当でSuicaにチャージして利用することができますので、Suicaチャージで貯めたポイントをさらにSuicaに移行すれば、還元率1.5%という高還元なカードになります。

オートチャージを駆使して、支払いを極力Suicaとビューカードにまとめてあげましょう。



その他にも、JALマイレージバンクやビッグカメラなど、提携している企業のポイントへ交換することもできますので、普段の利用スタイルにあわせて、メインで利用するビューカードも選んであげるとさらにお得になります。
駅でも街でも!ポイントを使う|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)





3.ビューカードのポイント還元率

ビューカードのポイント還元率は?

ビューカードのクレジットカード利用で貯まるポイント【ビューサンクスポイント】。

公共料金や日常の買い物1,000円につき2ポイント、定期券やSuicaへのチャージ・オートチャージの場合は1,000円につき6ポイントが付与されます。



貯めたポイントをSuicaへ移行すると、1ポイント2.5円相当になり、Suicaチャージ・定期券の購入の場合は還元率が1.5%となります。

クレジットカードの中でもかなり高還元の部類になりますね。利用できるエリアが決まっているため、JR沿線にお住まいの方にはおすすめです。


 


また、ビューカードは明細書をWEB明細にしておくことで、明細書の発行のたびに20ポイント、年間12回の明細書で、240ポイントをもらえるので、600円相当のポイントが付与されたことになります。

利用頻度が多くても、利用頻度が少なくてもお得なクレジットカードですが、明細の発行がないとポイントはもらえませんので、その点は注意が必要です。
駅でも街でも!ポイントを貯める|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)
Web明細ポイントサービス|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)

ENEOSなど特約店でポイント2倍も!

随時実施中のキャンペーンとして、ENEOSやENEOS電気など、特約店での利用でポイント2倍のキャンペーンが行われています。

キャンペーン形式なので、いつ終了になるかはわかりませんが、期間中ならいつでも特約店の利用でポイントが2倍付与されます。




1,000円につき4ポイント、還元率は1%となります。



ビューカードが発行していないカードや法人カード、サンクスポイントのたまらないカードはポイント2倍の対象外となるほか、一部のカードはポイント2倍の対象外となります。

また一部のENEOSではキャンペーンを実施していない場合がありますので、お近くのENEOSがキャンペーン対象かどうか、事前に確認をおすすめします。
駅でも街でも!ポイントを貯める|ビューカード
参照元:ビューカード(2018年1月調べ)
サービスステーション検索|JXエネルギー
参照元:JXグループ(2018年1月調べ)
ENEOSでんき|JXエネルギー
参照元:JXグループ(2018年1月調べ)

▼【Suicaの利用で貯まるSuicaポイントとは別物!

ビューカードといえば電子マネーSuicaとの一体型のイメージが強いです。

ポイント制度も同じだと思われがちですが、実はビューカード利用で貯まる【ビューサンクスポイント】とは別に、電子マネーSuicaの利用で貯まるSuicaポイントがあり、Suica利用でつくポイントは後者のSuicaポイントです。



Suicaポイントを貯めるにはSuicaポイントクラブへの登録が必要になりますが、Suicaポイントが貯まるお店での利用でSuicaポイントが付与されます。

付与されるお店が決まっており、Edyなどのように決済すれば必ずもらえるものではないところがポイントです。



ビューカードからのチャージでポイントをもらい、Suica利用でもポイントをゲットして、お得な生活を始めましょう!
Suicaポイントクラブのご案内|JR東日本
参照元:Suicaポイントクラブ(2018年1月調べ)
Suicaポイントがたまるお店|Suicaポイントクラブ:JR東日本
参照元:Suicaポイントクラブ(2018年1月調べ)
Suica電子マネーに交換する|Suicaポイントクラブ:JR東日本
参照元:Suicaポイントクラブ(2018年1月調べ)





4.サンクスポイントの有効期限切れに注意!

サンクスポイントの有効期限切れに要注意!

クレジットカードによってはポイントに期限がないというものもありますが、ビューカードの場合はポイントに有効期限があります。

ポイントの制度が変更されていますので、獲得した時期に応じて期限が変わってきます。


 


2015年2月より前に獲得したポイントは、獲得した年度の翌年の1月末までが有効となります。

たとえば2014年に1,000ポイントを獲得したが、2016年の1月末までに利用しない場合、1,000ポイントが失効するということです。

なおポイントは当年の4月1日から翌年の3月31日までを1年として年単位で計算されます。


 


2015年3月より後に獲得したポイントは獲得した月から24ヶ月後の月末まで有効となります。

たとえば2015年4月に50ポイントを、2015年5月に100ポイントを獲得した場合、50ポイントは2017年4月末まで、100ポイントは2017年5月末までが有効ということになります。


 


今までは年単位でまとめて計算されていましたが、制度が変わったことで失効してしまう可能性のあるポイント数が減ったように感じます。

有効期限が変更されたため、少ない額の利用でもポイントをコツコツ貯めることができるでしょう。
ポイント制度の仕組み|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)





5.ビューカードポイントの有効期限を確認!

ビューカードのポイント失効期限はここで確認!

期限が切れてしまってポイントが無駄に…ということがないように、確認する方法はないのでしょうか。



ビューカードの場合、ポイントの有効期限は毎月送られてくるクレジットカード請求書を見ると記載されています。

請求書には現在保有しているポイント数、有効期限が近いポイント数などが書かれていますので、失効してしまいそうなポイント数に応じてポイント交換をすることができます。


 


「毎月、紙で送られてくる必要はない」という人はWeb明細という選択肢もあります。

Webであってもポイントの内訳について確認することができます。

さらにWeb明細だけの特典として、利用金額にかかわらず毎月20ポイントを獲得することができます。



手元に紙がないと不安という人でなければ、Web明細に変更するだけでお得にポイントを貯めることができるようになります。

明細の送付について変更する場合には、別途登録が必要です。
VIEW’s NETとは|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)
Web明細ポイントサービス|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)





6.ポイント交換のお得度ランキング

ポイント交換のお得度ランキング

お得に交換できる商品は?

ここまでビューカードの特長、ビューカードのポイントについて、そしてポイントはいろいろなものに交換できることをお伝えしてきました。

しかし、いざ交換するのであればできるだけお得なものに交換したいですよね。とはいえ、ひとつひとつポイント数を確認するのは手間だと思います。



そこで交換するポイント数の費用対効果、つまりコストパフォーマンスがよいものをランキングにしてご紹介します。

筆者が確認した時点でのランキングですので、今後内容が変更される場合があることをご留意ください。

ビックポイントに交換!

第5位はビックカメラで使うことができるビックポイントに交換する方法です。



ビューサンクスポイント400ポイントでビックポイント1,000ポイントと交換できます。

ビックポイントはビックカメラで1ポイント1円として商品購入や取付工事などの代金に利用できる便利なポイントです。

つまり1ポイントあたり2.5円に交換している計算になります。ポイント還元率はかなりよいのですが、1点注意があります。


 


それはビックカメラSuicaカードを持っている人だけが交換できるということです。先述のとおりビューカードにはいろいろな種類があります。



その中にビックカメラSuicaカードがあります。

これはビックカメラのポイントカードと一体型になったビューカードで、ビューカードのポイントをビックカメラのポイントに交換するためにはこのカードを持っていないと交換できないのです。
ポイントサービス|ビックカメラ
参照先:ビックカメラ(2018年1月調べ)
ビックカメラSuicaカード|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)





びゅう商品券と交換!

第4位はびゅう商品券と交換することです。



びゅう商品券とはJR東日本の駅やホテル、デパート、ビックカメラなど全国6,000カ所で利用することができる商品券です。

電車だけに限らず、街中の買い物でも使える商品券は便利ですね。



ビューサンクスポイント400ポイントで1,000円分の商品券と交換できます。

 

1ポイントあたり2.5円なのでポイント還元率はよいといえます。



2015年10月1日申し込み分より、びゅう商品券と交換する場合、簡易書留で送られるため1回の発送につき別途160ポイントが必要となっています。

その分ポイント還元率は下がってしまいますので、できるだけまとまったポイントでの交換をするとよいでしょう。
びゅう商品券|JR東日本
参照先:JR東日本(2018年1月調べ)
ビューサンクスプレゼント「びゅう商品券」「ルミネ商品券」の発送方法の変更のお知らせ
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)

Suicaにチャージする!

第3位はSuicaにチャージをする方法です。



ビューサンクスポイント400ポイントで1,000円相当をSuicaにチャージすることができ、こちらも費用対効果はよいと思われます。

さらにSuicaにチャージをするメリットは2つあります。



1つ目はすぐに交換できるということです。




他の商品や提携ポイント、商品券などですと申し込みをしてから手元に商品が届く、提携先のポイントと交換されるのに1~2週間ほど時間がかかることがあります。

しかしSuicaにチャージをするには駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で行いますので、手軽ですぐに交換できるのです。



2つ目はSuicaの汎用性です。Suicaは電車に乗る時だけでなく、コンビニや街中の買い物、バスやタクシーに乗る時など、さまざまな場所で使えます。

「貯まったポイントはできるだけいろいろなところで使えるようにしたい」という人には向いているでしょう。
ポイントでSuicaにチャージ「サンクスチャージ」|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)

ビューサンクスクーポンと交換!

第2位はビューサンクスクーポン(びゅう国内旅行割引券)と交換するという方法です。



ビューサンクスクーポンとは、JR東日本の主な駅にある旅行のお店やびゅうプラザなどで取り扱っている、びゅう国内旅行商品に使うことができるものです。

びゅうプラザで取り扱っている旅行は通常のパックツアーのほかに、電車や新幹線での移動をメインにした旅行や「ゆらりとりっぷ」のように女性をターゲットとした旅行など特色のあるツアーもあります。


 


ビューサンクスクーポンを手に入れるためには1,600ポイントが必要で、そのポイントで5,000円相当のクーポンと交換することができます。

1ポイントあたり3.125円となるため、先ほどまで紹介してきた商品よりもお得に交換をすることができます。

旅行によく行く人、旅行に行くなら少しでもグレードアップしたいという人はこのクーポンと交換してお得に楽しい旅行をしてみてはいかがでしょうか。
ビューサンクスクーポン|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)
ゆらりとりっぷ|びゅう|えきねっと(JR東日本)
参照先:えきねっと(2018年1月調べ)





ルミネ商品券と交換!

ビューカードのポイントを最もお得に交換することができる方法、それはルミネ商品券と交換することです。



ルミネ商品券は金額によって必要なポイント数が異なりますが、2000円分なら650ポイント、4000円分なら1,250ポイントが必要となります。

2,000円の商品券と交換した場合は1ポイントあたり3.08円、4,000円分の場合は1ポイントあたり3.2円です。



 

お得にポイントを使いたいのであれば4,000円分の商品券と交換することをおすすめします。

ただしびゅう商品券と同じように簡易書留で送られるため、1回の発送につき別途160ポイントが必要となっています。できるだけ還元率を落とさないためには、ある程度まとまった金額の商品券と交換しましょう。



 

ちなみルミネ商品券はルミネの各店で使用できます。ファッションアイテムはもちろん、化粧品、日用品、食料品などの購入にも使えます。

また店内のカフェやレストランの会計にも使えます。通常商品券はおつりが出ないことが多いのですが、ルミネ商品券はおつりが出ます。1,000円を超えないような少額の買い物でも使うことができるのは嬉しいですね。
お問い合わせ|LUMINE
参照先:ルミネ(2018年1月調べ)

Suicaのペンギングッズと交換!

お得に交換できるものではありませんが、おすすめの商品としてSuicaのペンギングッズをご紹介します。

必要なポイント数は550ポイントから4,000ポイントと幅があります。そのため「ちょっとだけポイントが余ってしまった…」という人がポイントを使い切るためにも向いていると思われます。



SuicaのペンギンとはJR東日本のオリジナルキャラクターで、その愛らしい見た目から多くの人に愛されているようです。

人気のため東日本だけにとどまらず、全国の書店ではムック本や手帳なども販売されています。

しかしオリジナルグッズはJRの駅の中のコンビニや専門店など限られたところのみ取り扱っています。






グッズをほしいと思っても・・・

「取り扱っている店舗がなかなか買いに行けない!」

「仕事をしているからお店の空いている時間に行けない!」

などという人はビューカードで貯まったポイントをペンギングッズと交換してみてはいかがでしょうか。?

交換できるペンギングッズは不定期に変わっていくようですが、筆者の確認した時点では、仕事で役立ちそうな携帯マグやハンカチ、文具セット、食器や器、ブランケット、さらにはゴルフボールやティーなどがセットとなっているゴルフセットがあります。



かわいいペンギングッズで生活を豊かにするという意味では、ある意味コストパフォーマンスがいい商品かもしれませんね。
Suicaのペンギングッズご案内サイト
参照先:JR東日本(2018年1月調べ)
ポイント交換商品(ビューサンクスプレゼント)|ビューカード
参照先:ビューカード(2018年1月調べ)

7.まとめ

ビューカード【サンクスポイント】についてのまとめ。

JR東日本系列のクレジットカードであるビューカードですが、電車に乗る時だけでなく街での買い物、定期券の購入などでポイントを貯めることができます。

貯めたポイントはいろいろな商品と交換することができるのですが、ポイントには期限があるため期限を確認した上でな商品と交換しましょう。


 


できるだけお得な商品と交換したいという人は、今回紹介したような商品券やクーポンとの交換をおすすめします。

商品によっては別途ポイントが必要な場合がありますので、できるだけポイントをまとめて交換したいところです。



またSuicaペンギンのオリジナルグッズとも交換できますので、かわいいものに目がない、近くにグッズを変えるお店がないという人にはおすすめの商品です。

賢く貯めたポイントを無駄なく使っていきましょう。