クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

「借入」初心者の悩み|イオンカードローンの審査に落ちる人の特徴は?

「借入」初心者の悩み|イオンカードローンの審査に落ちる人の特徴は?

イオンカードローンの審査に落ちる人はどんな人なのでしょうか?

1.申し込みの内容が間違っている
2.収入が不安定な状況
3.他社から借入をしている
4.融資の申し込みを沢山している
5.過去に金融事故がある場合
6.もし、ローンに通らなかったら・・
7.もう一度審査をするときに
8.まとめ

お金を借りる時「イオン銀行」がいいかな?と考える人も多いと思います!

全国に店舗がある「イオングループ」で借入が可能なら、便利で安心ですよね。

しかし、イオン銀行でお金を借りたくても、誰でも審査に通過してお金を借りられるわけではありません。

イオン銀行のカードローンで「残念ながら審査に落ちてしまう人」にはどのような特徴があるのでしょうか?




1.申し込みの内容が間違っている

申し込みの内容が間違っている場合。

カードローンの審査は原則として、申込者が申し込みフォームに入力した情報を元にして審査がおこなわれます。

申し込み情報の中に偽りの情報があった場合、審査に落ちてしまうことがあります。

中には間違えて書いてしまうこともあり、小さい間違いであれば本人確認の連絡のときに訂正できますが、嘘を書いたこと(虚偽記載)がバレると信用が下がり審査に通らなくなってしまうんです。

特に勤務先などを正確に記入しないと会社連絡による在籍確認ができないため、審査に落ちてしまう場合が多くあります。

もちろん年収なども虚偽の収入を書かないで、正直に正しい年収額を書くことが大切です。

2.収入が不安定な状況

収入が不安定な状況の場合。審査通過は難しいかもしれません。

カードローンの審査において年収はとても重要です。年収が高い人ほど審査に通りやすくなり、少ないと審査に通りにくくなります。

しかし、ただ年収が高ければ審査に通るというわけではなく、年収が高くても審査に落ちてしまうこともあります。その場合、勤続年数が少ない、正社員ではない、怪我や解雇のリスクがあるといった理由がある場合です。

申し込み者がこのような条件に当てはまっている場合、年収が高くても審査に落ちてしまう可能性があるので注意が必要です。

どれくらいの年収がないと審査に落ちやすくなってしまうのか?という疑問があるかと思いますが、だいたい申し込み金額の2~3倍の年収が必要だと考えられています。




3.他社から借入をしている

他社から借入をしている場合。借入の総額によっては審査が厳しくなります。

いくら年収が高い人であっても、他社からたくさん借入をしていると審査には不利に働いてしまいます。

借入件数や借入金額があまりにも多い場合。経済状態が苦しいと思われてしまうのは仕方がないことで、その場合は返済能力がないと判断されます。

具体的にどれくらいの借入あると審査に不利になるのかというと、年収の半分以上の借入があったり、4件以上の借入申し込みをしていると審査に通らない可能性が高くなります。

4.融資の申し込みを沢山している

融資の申し込みを沢山している場合は注意が必要です。

現在の借入状況もとても大切ですが、直近の他社への融資申し込み状況にも注意が必要です。

どれくらいの申し込み数があれば不利になるのかは分かっていませんが、直近1ヶ月以内に4件以上の申込みがあると審査結果に大きな影響があるとされています。




5.過去に金融事故がある場合

過去に金融事故がある場合はどうでしょうか?

イオン銀行のカードローンでは申し込みに対する審査だけでなく、過去の返済状態もチェックされます。

特に注意が必要なのは、過去5年以内に金融事故がある場合です。この場合は信用が低く、お金を借りるのは難しいと考えましょう。

例えばクレジットカードの強制解除、利用停止、債務整理などがある場合です。この場合が審査はまず通らないと考えた方が良く、これはどの会社でも同じだと言えます。

信用情報に関しては過去5年間の情報が閲覧可能なので、どの会社で申し込んでも借りられない可能性は高いと言えます。

そして、様々な金融事故がある中でも、最も注意が必要なのは「クレジットカードの支払い延滞」です。

クレジットカードの支払いは、2回以上の支払い遅延があった場合。長期延滞として個人信用情報に事故情報として記録されます。クレジットカードは誰でも使っていますし、うっかり支払いを忘れて延滞してしまうということもあるので、払い忘れには注意しましょう。

6.もし、ローンに通らなかったら・・

もし、ローンに通らなかったら場合はどうすればいい?

イオン銀行でお金を借りたくても審査に落ちてしまうということもありますよね。一度審査に落ちてしまったら、もう一度チャレンジしてもしばらくは借りられないと考えておきましょう。

そういう状況の人はもうお金が借りられないかというと、必ずしもそういう訳ではありません。

比較的成約率が高いカードローンや審査が甘いカードローンがあるので、それら他社への申し込みを考えてみましょう。そういったカードの場合、特に審査が早く、利用者数が多いという特徴があります。

カードローンの会社はたくさんあるので、ネットで評判などを見て借りれられるところがないか確認してみるようにしましょう。また、成約率が高いカードローンはアルバイトやパート、派遣社員でも借りている人が多いので比較的利用者の幅が広いと言えます。

もし、イオンのカードローン審査に落ちたとしても他社であれば借りられる可能性があるので、申し込みをしてみても良いですね。ただし、アルバイトやパート、派遣だとそこまで高い金額が借りられるわけではないので、その点には注意が必要です。

少ない金額で申し込みをしないと審査で落とされる可能性があるので、少なめの金額を設定して申し込むことがちょっとしたコツになります。




7.もう一度審査をするときに

もう一度審査をするときに気をつけるポイントは?

審査に落ちてしまい、もう一度同じ会社で申し込みをしようとする場合。年収、勤続年数、他社借入などの内容を少しずつ変化することが出来ると借りられる可能性があります。

年収はすぐに増えるわけではありませんが、他社借入があるならきちんと返済するということは出来ますよね。時間が経てば勤続年数も増えますからね!

これらのポイントを改善してから、もう一度申し込みをしてみましょう。

8.まとめ

「借入」初心者の方へ。カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴をチェックしておきましょう。

イオンカードローンの審査に落ちる時のポイントをご紹介しました。

審査になかなか通らないという人は思い当たる部分があるのではないでしょうか?

これらのポイントをきちんと見直してからお金を借りるようにしてみましょう。

参照元:カードローン・各種ローン |イオン銀行なら低金利で安心|公式サイト