クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードが磁気不良に・・。よくある原因と対策をチェック!

クレジットカードが磁気不良に・・。よくある原因と対策をチェック!

クレジットカードが磁気不良に・・。よくある原因と対策をチェックしましょう!

1.使いすぎて磁気が減ってしまうケース
2.磁気テープ部分に汚れがついている
3.強い磁気の側においていた
4.まとめ

大事に使っていても、クレジットカードが磁気不良となることがあるかと思います。

クレジットカードの磁気不良には、さまざまな原因が考えられます。よくある原因はご存知でしょうか?

そこで、クレジットカードの磁気不良が起きやすい原因を調べてみましょう。




1.使いすぎて磁気が減ってしまうケース

使いすぎて磁気が減ってしまうケースがある?

最も多く考えられる原因として、クレジットカードを使いすぎて磁気テープの部分が擦り減ってしまうというケースがあります。

クレジットカードの有効期限というものは、基本的には5年で設定されているものとなります。カードの有効期限は、そもそもクレジットカードのセキュリティを向上させること、カードの老朽化を防ぐというために、設定されているものです。

そういった理由から、5年近くクレジットカードを使い続けていると、自然と磁気テープ部分が摩耗してしまったり、頑固に汚れてしまったりして、磁気データの読み込みができなくなってしまうことがあります。

クレジットカードが磁気不良となってしまった場合、現在までにどのぐらいの頻度で使っていたのか確かめてみましょう。5年近く頻度も多く利用していた場合は、特に摩耗が原因として考えられます。

また、長く使い続けていると磁気部分に傷などが付いてしまうことがあります。キズの深さ、範囲などにもよりますが、大きなキズの場合、再発行しなければ使えない場合が多くあります。

2.磁気テープ部分に汚れがついている

クレジットカードの磁気部分に汚れなどがついている場合。

クレジットカードが磁気不良で使えない時の原因として、強い汚れなどが付着しているとことが考えられます。

目で見て汚れがはっきりと付いている場合には、読み込みできないことがほとんどです。こういった状態にある時は磁気テープの部分を丁寧に拭き取るようにしましょう。簡単な汚れであれば、ちょっと拭き取ることで、元通りに磁気データを読み込めることが出来るようになるケースが多くなります。

また、ちょっと目では見づらいような汚れ。指紋などの油汚れがこびりついているという可能性もありますので、この場合にも、拭き取りをする必要があります。

裏面の黒い部分をあまり強くこすってしまうと、磁気テープ自体を傷つけてしまうことが考えられるので、手元にあるのであればアルコールスプレーなどで柔らかく丁寧に拭き取るようにしましょう。




3.強い磁気の側においていた

強い磁気の側においている場合は危険なんです。

クレジットカードが磁気不良になる原因として、強い磁気の側に置いていたということが考えられます。

たとえば、スマートフォンなどの近くに置いてしまっていたり、強い磁力を持つ磁石、マグネットなどの近くに置いてしまっている、あるいは家電などの側に長く置いていたということがあれば、そのクレジットカードは磁気不良となってしまうことが少なくありません。

クレジットカードをスマホなどに挟んでいる状態で、着信があったり、メールを受信してしまった場合、磁気を帯びてしまいますので、クレジットカードの磁気データに影響が出てしまう場合があります。

クレジットカードの磁気不良に対して、それほどこういったことを気にしない方も多いですが、磁気不良となる多くの原因の一つなんです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?クレジットカードの磁気不良にはいくつかの原因があります。

すぐに磁気不良になってしまうので困っているという方は普段の使い方だったり、保管時にクレジットカードをどこに置いているのか?といったことをぜひ見直してみるようにしましょう。